「ペイフォワード」社名の由来、込めた思い

勤めていた会社を退職し、独立するにあたり様々な準備をしてきました。

その中でも、一番最初にしたであろう準備のひとつが、会社名を決めることでした。

『ペイフォワード』

思い返せば、「社長になる」という夢は、20歳くらいからずっと抱いていました。

ただその内側にある思いは、置かれた環境とともに、どんどん変化してきました。

・20歳~「かっこいいから」「お金持ちになりたい」←自衛官を辞めて不動産会社に入社

・23歳~「生きがい」「自分が居たから生まれる会社、サービスを作りたい」←息子の誕生で、価値観が変わる

・26歳~「自分の得意分野や、好きなことで、誰かのためになりたい」←管理職に付き紹介客も増え、営業スタイルが変わっていく

キレイ事と思われるかもしれませんが、実際にこのように私の思いは変化してきました。

そして会社名を決めるにあたり、設立時の思いを忘れないためにも「恩送り」「先に支払う」という意味を持たせた『ペイフォワード』にしました。

不動産業界12年で培った経験・知識・人脈などを、これから出会うお客様にお送りする、そして決して金銭的な意味だけではなく、お客様に先に儲けて頂くという気持ちを持って、仕事に励んでいきます。

サービス内容や、取り扱うものなど、時代に合わせて変化させていく部分はあるかと思いますが、どんなときでもこの思いは変わらず大切にしていこうと思います。