おすすめ漫画

今日で年末年始休暇が終わり、明日から仕事初めという方が多いかと思います。

私の住む北海道千歳市では、いつも大体クリスマスには雪が積もり、仕事初めには会社前の雪かきからスタートしていましたが、今年は本当に雪が少なく、積雪ゼロで正月を迎えるというのは記憶にありません。

その分、体感気温が低く、ここ数日は特に寒さが厳しい日が続いています。

寒いのが苦手な私は、この時期はあまり外出せずに、家の中で読書や映画鑑賞をする時間が多いです。

そこで今回はおすすめの漫画をご紹介したいと思います。

タイトルはずばり「正直不動産」

 

この漫画は「クロサギ」の原案者でもある夏原武が原案を手掛ける、不動産業界の闇に切り込む作品です。

かねてから私自身も感じている、この業界におけるお客様と業者との情報格差にスポットを当てた作品で、ここ最近世間を賑わせた事件などもストーリーに盛り込まれているので、かなり臨場感があります。

 

 

『千の言葉のうち真実は三つしかない』

俗にいう「千三つ」といわれる不動産業界。

この漫画のあらすじとしては、不動産業界に身を置く主人公の永瀬財地は、契約の為ならどんな嘘でも並べて、トップセールスを続けていました。

しかしある出来事をきっかけに、嘘がつけない体質になってしまい、正直営業であらゆるライバルやトラブルに立ち向かうといった内容です。

勉強になるし、単純に漫画としても面白い

不動産業界になじみの無い方からすると、こんな事が実際にあるのかと思うようなことも多いかもしれませんが、12年以上この業界に身を置く私から見ても、書かれている内容は実にリアルです。

ただ、今はSNSをはじめ、インターネットの影響もあり、少しづつですが情報格差は、昔に比べて小さくなってきたのかなとは感じています。

最低限の知識を持ち、本当に信用できる不動産会社や担当者を見分けるためにも、この漫画はとても勉強になると思います(^^)

また、読み進めるにつれて、登場人物の性格や過去なども分かってきて、それらが絡み合いながら繰り広げられるストーリーは、単純に漫画としてすごく楽しめます。

現在は最新刊の第7巻まで発売されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

※弊社本棚からのレンタルも一番人気です(^^)