宅建試験2020

ここのところ大変ありがたいことに、色々と忙しくさせて頂いており、ブログの更新がおろそかになっていました。。

気付けば10月も終わりに差し掛かり、会社周辺も紅葉がキレイに咲いています(^^)

10月といえば、この業界では「宅地建物取引士」というとても重要な国家試験日がある月です。

不動産取引時のトラブルを防止するため、売買・賃貸借仲介の契約前に「重要事項の説明書面へ記名捺印し、重要事項の説明」を行うのですが、これを行うことができるのがこの宅地建物取引士なのです。

また、宅建業を営む場合は、従業員5人に1人以上の宅地建物取引士を置くことが法律で義務付けられているため、就職や転職、昇格や昇給において大きな武器となる資格です。

私の周りでも受験した方が多くいますが、聞いてみると、例年に比べて合格予想ラインに乗っている人が多い気がします。

今年はコロナ禍により、試験中止の噂や、実際に10月と12月に試験日が分割されたりと、なかなか落ち着かず難しい年になったかと思いますが、努力が報われることを願ってます(^^)/