不動産投資 最適な買い時、初め時はいつなのか?

不動産投資に興味があるけど、なかなか一歩目が踏み出せないという方の中で、

「今は物件価格が高い(利回りが低い)」や「今は融資が渋い」などと、不動産投資を取り巻く市況の動向を気にされている方はいらっしゃると思います。

数年前の「不動産投資ブーム」に比べると、今はまさに前述でいうところの「融資が渋い」に当たるのかもしれません。

築古の物件や、狭小物件を除くと、ほとんどのケースで融資を利用することになる不動産投資。(資産形成には、融資を利用して、レバレッジを効かせることが有効)

不動産投資においては、物件価格(利回り)と融資状況は切っても切れない関係にあります。

不動産投資に対して、各金融機関が積極的に融資する局面では、参入障壁が下がることで購入を希望する不動産投資家が増え、売る側からすると高めの価格設定でも売れていきます。

逆に融資が締まっている局面では、金融機関の審査ハードルを越え、借りられる属性の方の数が限られてくる分、売買市場が激しく動くことがなく、価格設定も下がっていく傾向にあります。

融資がつきづらい局面ではどうするべきか

物件価格が下がる(利回りが高くなる)一方で、融資がつきづらいという、なんともじれったい状況ですが、こんなときには金融機関のリスクプレミアムを下げる動きをとることで解決できるといえます。

具体的には、
・自己資金を増やす
・自己資金割合を高くするために購入予算を下げる
・共同担保を差し入れる
などといったことです。

融資のハードルさえ超えられれば、利回りが高い分、相対的な借入額が好況時に比べて低くても、場合によっては同等のキャッシュフローを得ることができるようになります。

こうしたことを分析できるようになると、どのような市況でも高掴みすることなく、コンスタントに購入し、安定した資産形成ができると思います。また、個人的には、今のこうした市況の時は競合が少ない分、やりやすいとも思っています。

大きなチャンスは大多数が目を向けないときにこそ転がっています。

「物件価格が高い(利回りが低い)」「今は融資が出ない」と言って、みんなが手を出さないところで、冷静に分析してみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

 

最後に・・・。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

千歳市近郊で不動産の売却・購入・リフォーム・賃貸経営のことならペイフォワードにお任せください!

 

 

不動産に関しては大なり小なり様々なお困り事があるかと思います。お悩みの方は是非ともペイフォワードまでご相談ください。不動産査定、リフォームのお見積りは無料です。もちろん各種相談も無料で承ります。

 

メールでもお電話でも、お問合せをお待ちしております!

 

TEL:0123-31-0988
メール:n-hayashida@p-forward.co.jp
>>お問合せフォームはこちら